ついつい溜まってしまう文房具や雑貨を可愛らしく活用する方法

>

使用しなくなった文房具や雑貨どんなものでもリサイクルで再活用

処分する物を入れる段ボールは自分で用意

文房具や雑貨などを処分したい際は、某社に送って頂く手順はとても簡単なのです。
初めに、電話やホームページにて申し込んでいただきます。
申し込み終了後には、集荷用伝票を不在の時でも大丈夫なように、郵便受に投函できるメール便にてお送りしているのです。
集荷専用伝票は、着払いとなっていますので、発送時に料金はかかりませんが、後日発送料金として、某社に振り込んで頂く形となるのです。
お申し込み頂いてから、2,3日程度で伝票が届きますので、その間に処分したいものをダンボールの中に入れて頂きます。
処分する雑貨や文房具などは、自分で用意したダンボールに入れてお送りください。
不用な経費を抑えるため、某社ではダンボールの発送は行っておりません。

品物を送る際は隙間がないように注意を

某社では、文房具や雑貨などに留まらず、古着・ランドセル・お人形・ぬいぐるみ・食器などの家庭内で処分したいと思う多くの不用品を引き受けているのです。
様々なものを混載して送って頂くことも可能なのです。
到着した後には、担当者が商品別に仕分けを行い、届いた品物はほぼ100パーセント有効利用させているのです。
品物を送って頂く際、ダンボールの中に隙間があると、品物が動いてしまうため、搬送時の破損に繋がる可能性があるのです。
そのため、できる限り隙間が出来ないように、文房具や雑貨などを入れて頂けるようお願いしているのです。
集荷依頼については、集荷伝票に同封している説明書に、QRコードと集荷用電話番号が掲載されていますので、どちらかやりやすい方で、希望日時の集荷を依頼してください。
都合の良い日付や時間帯に集荷依頼を行い、玄関先にて文房具や雑貨などが入ったダンボールを渡して頂ければ終了です。



SHARE!