文具を活用し可愛らしくできるリサイクル方法は?

ついつい溜まってしまう文房具や雑貨を可愛らしく活用する方法

集荷伝票は多めに申し込んだ方が良い

その時は、すごく気に入り買ってしまったインテリア小物や誕生日プレゼントなどでもらった可愛い雑貨、お土産に頂いたけれど特に興味がないものや捨てるに捨てられない置物など、様々なタイミングで、沢山の雑貨たちが家にやってくるのです。
そして、季節の変わり目や人生の節目には、大掃除・結婚・引越し・子供の成長・家族の不幸など、様々なタイミングで、文房具や雑貨の処分を検討しなくてはいけない時が来るのです。
そのような時、もう使わなくなった文房具や雑貨を、あなたはどうやって処分しますか。
気に入っているので、いつまでも置いて置くことのできる雑貨や使い切る事ができた文房具、あげる相手がいる小物は幸せですが、家庭の収納棚に収まりきれない文房具や雑貨などを処分しなければいけない日が必ずやってくるのです。
まだ使える雑貨や文房具・小物などを燃えるゴミとして捨ててしまうには、勇気と罪悪感が必要なのです。
某社では、このような文房具や雑貨・小物や絵の具などを、リサイクルして再活用する活動を行なっているのです。
処分したい物を段ボールに入れて頂くだけでいいのです。
自宅の玄関先まで、ダンボールを受け取りに伺います。
雑貨だけではなくて、人形・ぬいぐるみ・古着・ランドセル・食器など、大切に使用してきた中古品だけど、まだまだ使えるし捨てるにはもったいないと思うものも、一緒にダンボール入れることが可能なのです。
全国各地から利用することができますし、集荷専用の伝票を用意していますので、集荷伝票の記入は不要なのです。

使用しなくなった文房具や雑貨どんなものでもリサイクルで再活用

申し込んで頂く際に、いくつの段ボールが必要なのかなど、サイズや個数が分からないという場合も多いと思うのです。 このような場合某社では、少し多めに伝票を申し込んで頂くようにおすすめしているのです。 集荷伝票は、使用するまで料金がかからないため、荷物を実際に発送した分だけの料金を支払うと良いのです。

繁忙期は4月8月年末年始となっている

お客様から送って頂いた文房具や雑貨などの段ボールは、配送センターに集められ、毎週数回に分けられて、大元である某社に届くのです。 多い時には、2トントラックで2車ほど届く日もあるのです。 特に4月・8月や年末年始の繁忙期においては、文房具や雑貨などを処分したいという方が増えるので、大量の荷物が届くのです。

お客様から預かった大切なものをしっかり保管する

ペン類や絵の具などは、カテゴリ別にして複数ある場合は、きちんと管理ができるように荷物を降ろすのです。 お客様本人が数多く雑貨屋文房具を出されている際に、置き場所が別の所になる可能性があるので、できる限り揃えて置くようにします。 お人形やぬいぐるみなど供養を希望される際は、供養専用の場所に保管するのです。